ニキビ用語

ニキビケア

ニキビでお悩みの方へ、スキンケア用語集
HOME> スキンケア用語>

お肌の働き

表皮
一番外側の層。厚さは平均で0.2mm. 角質層・顆粒層、有きょく層、基底層の4層でできている。 お肌のバリア機能を担う大切な部分。

角質層
お肌の一番外側にある部分。 つまり唯一人が触れられる部分です。 角質層の下にあるお肌を守り 素肌の美しさを決める部分です。

顆粒層
角質層と一緒に肌のバリア機能を発揮する部分。 紫外線を肌の奥へ浸透するのを防御する。 またNMF(自然保湿因子)や細胞間脂肪(セラミド) がつくられる部分。

有きょく層
表皮の4層の中で一番厚い層。 ランゲルハンス細胞がこの層の中にあり 免疫機能に関わりがあるほか、 基底層で作られたメラニンを含んでいるため 紫外線の透過を阻止する役目もあります。

基底層
表皮の一番下にあり、真皮層とつながる部分。 基底層で新しい細胞が毎日生み出され、 有きょく層、顆粒層に押し上げられ、最後に角質層になる。 この一連の流れがターンオーバーという。

真皮
コラーゲンやエラスチンで作られている部分。 毛細血管やリンパ液が通っている部分で 水分を抱え込み肌の弾力や強さの元となる部分なので お肌のハリの決め手となるのが真皮です。

皮下組織
別名、皮下脂肪ゾーン。 エネルギーのもとになる中性脂肪が 貯蔵されていて、 筋肉や骨を守るクッションの役割や保温機能があります。

バリア機能
ダニやほこり、ハウスダストなどの異物、 紫外線をカットしてくれたり、水分を保持してくれる機能のこと。

ラメラ構造
角質細胞の間に水分と油分が何層にも重なりあっている構造のこと。

スキンケア

洗顔
お肌に残っている汚れを落とすこと。 ただし、汚れを落とすだけにとらわれると 必要以上にこすったり、洗いすぎで 肌トラブルを招くこともあるので 正しい洗顔を心がけるのが大切。

保湿
お肌の水分を保つためにうるおいを与えること。 スキンケアを行ううえで欠かせないケアのひとつ。

クレンジング
メイクを落とすこと。ジェルやミルク、ふき取り。オイルなどさまざまな種類がある。 肌に負担をかけずやさしく丁寧におこなうのがコツになる。

ピーリング
肌に残っている古い不要な角質を取り除くケアのこと。自宅でできるほか、医療でできるピーリングなど さまざまな種類がある。

UVケア
紫外線からお肌を守る対策のこと。UVとは紫外線のこと。紫外線は肌の老化を進めてしまうため 若々しさを保つためにはとても大切なケアになる。日焼け止めや、UVカット効果の高い化粧品、帽子やサングラス、長袖の着用などさまざまなケア方法がある。

ダブル洗顔
洗顔を2回行うことではなく、メイクを落とすためのクレンジングと 肌の汚れを落とす洗顔をおこなうことをダブル洗顔という。

美白
しみがないお肌になるためのケアのこと。日本人は美白に対する意識が非常に強いといわれている。 さまざまなケア方法があるが、紫外線からお肌を守るのがもっとも重要です

化粧品

無添加
厚生省がアレルギーやトラブルを起こすおそれのある102種類の成分を配合していない化粧品を指す。

天然由来
植物や動物から抽出した成分を配合していることさす。

自然派
天然成分を配合している場合を指す。ひとつでも天然成分を配合していれば自然派と呼ぶことが可能。

SPF
しみやそばかす、皮膚がんの原因になる紫外線B波をカットする力のこと。20分くらいで日焼け止めをつけているかいないかの肌を比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるかという目安。
(例)
SPF20の場合。20分×20=400分 6時間40分までは日焼けが抑制されるという大体の目安。
※あくまでも「太陽を浴びる時間」が目安!! 汗をかけばながれるので、こまめな塗りなおしが大切です。

PA
日焼け止め効果を表す基準の1つ。PA+ PA++++など+が増えるごとに紫外線から肌を守る効果は強くなるが肌の負担も大きくなるので一概に+が多いほどいいとはいえない。

紫外線吸収剤
紫外線を吸収する科学物質。紫外線を浴び、紫外線を吸収するときにお肌の上で化学反応をおこし、エネルギーに変えるしくみで紫外線をカットする。

Copyright(c) 2013 ニキビ Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com